【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】秀吉タイプの特性心理学:1

こんにちは、特性心理学の笹田です。

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

前回のコラムでは、幸村タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉についてお伝えしました。

前記事:【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】幸村タイプの特性心理学:2

 


今回のコラムでは、知能線の長さが標準でAエリアに入るタイプ。

このような形状の知能線を持つタイプの方について解説します。

 

*特性心理学では、仕事上での特性が分かるように特性診断を行っておりますので、宜しければご覧ください。

外部サイト:日本特性心理学協会『特性診断』

【豊臣秀吉タイプとは】

【標準的な長さの知能線+知能線の終端がAのエリア】

このような形状の知能線を持つ方は、

・どうしたら自分の思いを叶えることが出来るかを現実的な視点で見つめながら、行動しつつ、至らぬところは改めていく、現在の状況や周囲を取り巻く様子を客観的に見ることのできる考えと行動のバランスに長けたタイプ

表のキーワード
理性的、分析・解析、改善、状況適応能力が高い
裏のキーワード
当たり前、常識にこだわる、想定外に弱い、同意を求める

戦国武将タイプ:豊臣秀吉

※本診断は、皆様にわかりやすくタイプをお伝えするため、象徴的な「武将」としてご紹介しています。実際の「手相」の持ち主であったことを証明するものではありませんので、悪しからずご了承ください。

【秀吉タイプの特性】

では、この【標準的な長さの知能線+知能線の終端がAのエリア】のタイプの方、(以下、秀吉タイプと表記します)の特性について、解説します。

秀吉タイプの特性として、

・思いを達成するための現実的な視点とトライ&エラー

・現在の状況と周囲の様子を客観的に見ることができる

という特性があるので、まず長所として挙げられるのは、周囲を見渡し、客観的に状況と様子を察知して、目標にたどり着くための行動力と修正する能力が高いことです。

 

この特性から、目的を達成するために必要ではないと感じるものや、合理的でないものに関しては、無駄であると考えるような一面もあるので、クールでドライに感じられるかもしれません。

ですが、大きな目を持って任せられれば、現実的な客観視ができるので、執着することのない行動と修正を繰り返しながら、結果を出すタイプでもあります。

 

そこから、「お客様・お店」にとっての双方のメリットを、現実的な客観視で様子を見ながら、考えながら実践し、修正しながら結果を出すタイプなので、

日常の業務に携わらせながら、様々な経験を積み重ねてもらうこと

で、分析力とその理論の実践という花が咲くことを信じて、見守ることができたなら、強力な戦力となる可能性を秘めています。

 

そして、指導する際には、あなたの理想や価値観を押し付けないことが大切です。

 

一見、おとなしくなんでも言うことを聞くように見えますが、

・職場という状況や立場をわきまえ、様子を見ながら仕事をしているだけ

なので、意見することを認めないかのように、あなたの理想や価値観を押し付けるとモチベーションが大きく下がります。

ですので、話を聴きつつ、意見の交流を閉ざさないようにする配慮が必要です。

 

また、現実的な客観視で、臨機応変な対応こそに価値があるというこだわりの強い一面を持っているため、

「マニュアル通りの対応で」

「全ての人に同じ対応で」

「ルールや規則を逸脱しない」

「特別扱いはしない」

などの、臨機応変さが自らの武器と感じているので、それを否定されることが続いてしまうと、秀吉タイプの特性を奪うことになり、モチベーションや働く意欲をダウンさせてしまいます。

 

現実的な客観視で、臨機応変な対応こそに価値があるというこだわりが強いために、素直さや謙虚さが欠けてしまうような面はありますが、経験の少ないスタッフであれば、様々なことを経験させて、経験値を上げるような体験を増やすように指導するのも、スタッフを育てるやり方の一つです。

 

それなりの経験を持ったスタッフであれば、今までの経験から役に立ったことやこうやると上手くいくなどの知識などを聞き、後輩の指導を任せてみるのもヤル気を引き出すことに繋がると思います。

 

今回は、秀吉タイプの特性とモチベーションアップの方法と、モチベーションがダウンしがちな要素をお伝えしました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

次回は、秀吉タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉をお伝えします。

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

来週も楽しみにしていただければ幸いです。