兼重日奈子プロフィール


兼重 日奈子(かねしげ ひなこ)

■有限会社 ねぎらいカンパニー代表

元アパレル販売員のコンサルタント。研修講師。

アパレル企業退職後、自身の販売員時代や店長時代の体験を業界専門誌に投稿したことが縁で、初の単行本出版。講師経験も営業経験もなく、自分の本を持ち歩き、飛び込み営業をしながら、初めての仕事を獲得。本格的に講師活動をスタート。

その後、東京のコンサルタント会社に参画、3年半、新幹線通勤をしながら、コンサルタントとしての修業を積む。2006年フリーに。

現在までに、のべ10,000店舗の臨店指導を行いながら、企業研修、講演、執筆活動を行う。

店頭で奮闘する販売員との交流から「ねぎらい」の重要性を実感し、2009年社名を「ねぎらいカンパニー」に変更。研修に「ねぎらいワーク」を導入した頃から、泣き崩れる店長、販売員が続出し、「泣ける研修」として口コミで広がり始める。

現在は、「人が辞めない仕組みづくり」をテーマに、本部教育、リーダー育成から、販売スタッフ教育まで、「やめる要因」の分析から、「やめない制度」「やめない風土」の構築まで、幅広いコンサルティングを行っている。

著書に「職場も家庭もうまくいくねぎらいの魔法」「幸せな売場のつくり方」「慕われる店長になるために大切なこと」他多数。

二児の母。

■HP

【有限会社ねぎらいカンパニー】http://kaneshigehinako.com

兼重日奈子の著作