やめない店の成長の仕組み:kocori坂本りゅういち

はじめに

はじめまして、こんにちは!当コラムをお読みいただき、ありがとうございます!

接客トレーニング&コンサルティング事務所kocori(ここり)代表の、坂本りゅういちと申します。

私は、現在、販売力向上を主とした、接客販売員向けの研修を行っています。

基本的に業種は問わず、アパレルや服飾雑貨をはじめ、サービス系、リラクゼーション系、はたまたディーラーなど、商品を売るというお仕事の方向けの研修です。

記事をお読みたいただいている方も、おそらくご存知であろう企業様や商業施設などでも、研修を実施させてもらっています。

私も元々は、販売員として商品を販売していました。

接客販売業として、初めて店頭に立ったのは、某大手アパレルストアのメンズスタッフとして。

そこで、接客販売の楽しさを知り、これまでに、洋服・時計・靴の販売をしてきました。さらには、某業界最大手リラクゼーションサロンで、ストレッチトレーナーなどもやっていました。

その全てに、『接客』という業務があり、売上全国一位獲得や、SC接客ロールプレイング大会全国優秀賞を受賞するなど、それなりの実績を残せていたと思っています。

ただ…

そんな私ではありますが、店長としてお店に立っていた頃は、スタッフを育成するのに、かなりの苦戦を強いられました。

売上を上げるための接客方は知っていても、スタッフに正しく適切に伝える術を持っていなかったのです。また、スタッフへの接し方もよくわからず、当時は『鬼店長』扱い。そのせいで、スタッフからは信頼などされず、どんどん人をやめさせてしまっていました。本当に当時のスタッフには申し訳ないと思います…。

結局、売上だけはキープできていたものの、それ以上に伸ばすことはできなくなり、自分自身も(肉体的にも精神的にも)疲労の限界がきてしまっていたんです。

そんな中、「これ以上はダメだ」と思い、やり方を大きく変えたことがきっかけで、お店の売り上げは更に向上し、スタッフとの関係が良くなったという出来事がありました。

今は、そこで得た経験をもとに、全国各地で研修をさせてもらっているのですが、今となって考えれば、そんなことができるようになったのも、ダメダメ店長として失敗を経験したからなんじゃないかと思います。

ということで、私のコラムでは、そんな経験談なんかも共にお伝えできればと考えています。

こんな内容をお届けします!

やめない店づくりオンライン・ベースでは、月曜日の『やめない店が持つ、成長を実感できる仕組み』をテーマに、コラムを書かせていただきます。

コラムの内容を簡単にご説明させていただきますと、

・スタッフがイキイキ働いているお店でのスタッフ教育方法

・スタッフが辞めてしまいがちなスタッフ教育方法

・メキメキ販売力や接客力が向上するトレーニング

などなど、スタッフを育成するのに欠かせないトレーニング方法や、考え方についてお伝えできればと思っています。(時には、時事的なお話などもさせていただくかもしれませんね)

正直なところを言いますと、こういったテーマでコラムを書くのには、明確な理由が存在しています。

教える側が、『教え方』を教わっていないからです。

世の中には、多くの店長やマネージャーがいます。皆さんの会社にも、きっといらっしゃるはずです。

ですが、その中で、『教え方』をきちんと教わって、マネジメントをすることになった人が、果たしてどれだけいるでしょうか?

そうなんです。

ほとんどの小売店舗の店長たちは、『教え方』を教わることのないまま、店長に任命されています。

そして、『教え方』を知らないばかりに、”良くない”とされるようなことでも、気づかずやってしまい、スタッフを疲弊させてしまう。それが続き、スタッフは辞め、また店長である自分自身も苦しくなっていく。

そんな悪循環が起こっているのですね。なんとの悲しい話です…。

私自身、人を育てるのには、失敗の連続でした。

同じように失敗をして、似たような過ちを繰り返してもらうよりも、最初から「こうすればいいんじゃない?」というやり方を知ってもらえれば、悲しむスタッフも、悩む店長も減るはずです。

そうなれるようなコラムを、一つでも多く書いていけたらと思います。

これから、一人でも多くの販売員の方々が、楽しく元気に働けるように、そして、そんなスタッフで溢れるお店や会社を増やせるように、頑張っていきます。

どうぞ末長く、よろしくお願いいたします!!

坂本りゅういち