そもそも、なぜスタッフが足りなくなるの?:松下雅憲

スタッフが辞めないお店の作り方

こんにちは。「スタッフが辞めないお店作りマニア」の松下雅憲です。

私は、1976年から29年間、あの「マクドナルド」でアルバイト、のちに社員となり店長や統括、FC担当、出店戦略担当として働き、その後、2005年から7年間、あの「とんかつ新宿さぼてん」で役員として経営分析や店長育成のお仕事をして参りました。

その後、2012年にPEOPLE&PLACEを設立し代表に就任、現在に至っています。

マクドナルドやさぼてんでは、様々な部署を巡り、多くの経験値を溜めて参りました。独立後は、その経験値を「店長力向上」と言う一点に絞って活動し、「スタッフから憧れられる店長」「店長の仕事が楽しくて仕方がないと言う店長」「スタッフが辞めないお店を作る店長」を増殖させる日々を送っております。

昨年は、3冊目のビジネス書「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」(同文舘出版)を上梓させて頂き、同内容の研修やコンサルティングを通じて、今まさに多くの店長を悩ませている「スタッフ不足問題」の解決に取り組んでいます。

今回参加させていただいている「やめない店作り オンライン・ベース」では、毎週火曜日にブログを通じて「スタッフが辞めないお店の作り方」に関するお話をさせていただきます。

「スタッフが辞めないお店って、なぜスタッフは辞めないんだろう?」

「スタッフが辞めないお店って、いったいどんな仕組みがあるんだろう?」

「スタッフが辞めないお店の店長って、どんな習慣を持っているんだろう?」

そんなお話を、やり方、あり方、考え方だけではなく、仕組みや事例を交えながらご紹介していきたいと思います。

どうぞお楽しみに~

そもそも、スタッフ不足になるのはなぜ?

では、さっそく、第1回目のお話を始めたいと思います。

今回のテーマは、「そもそもなぜスタッフ不足になるのか?」です。

「スタッフ不足になる原因」なんて、別に「そもそも」なんて考えなくてもおわかりだと思いますが、「スタッフ不足を改善」するためには、その原因からきちんと把握しておくことが大切なのです。

実は、スタッフ不足に悩むお店には、「スタッフが辞めてしまうある共通の問題点」があるのです。そして、そんなお店には、次のような現象が起きています。

例えば、

「スタッフを募集しても応募がない・・・」

「スタッフがすぐに辞めてしまう・・・」

「スタッフの勤務可能時間が少ない・・・」

「スタッフが育たず人数がいてもお店が回らない・・・」

非常に困ったことですが、多くの「スタッフ不足に悩むお店」では、日々こういったシーンが繰り返されています。

では、これらを解決するには何をどうすれば良いのか?

簡単に言ってしまうと、大原則としての改善プロセスは、こんな流れになります。

①スタッフが「この店で働き続けたい」と言う気持ちになる仕組みを動かす

②すると、お客様から見ても「働きたくなるお店」というイメージが高まっていく

③すると、「募集をしていなくても応募が来るようになる」

④さらに、スタッフが友人達を新人スタッフとして紹介するようになる

だから、スタッフ不足にならないようになる!

こんな感じです。

このような流れが出来上がると、スタッフがスタッフを呼び、お客様からも応募が頻繁に来るようになります。

ところが、私が研修や講演などでこのお話をすると、すぐにこんな声が聞こえてきます。

「そんなの理想論だ。現実は違う・・・」

「時給がドンドン上がってしまう・・・」

「たまたま人が多くいる場所だったんじゃあないか」

「最近の若いスタッフはそうはいかない」

なんてね。

でも、実際に、上記の①から④迄の流れを作り上げて、年間のアルバイト募集コストがゼロ、卒業や引越などのやむを得ない退職以外の退職がゼロ、もちろん必要人数は常に確保出来ている・・・そんなお店はたくさんあるのです。

では、それらのお店は、どうやってこの①から④の流れを作り上げたのでしょうか?

それは、本文でもお話しした「スタッフが辞めてしまうある共通の問題点の改善」を徹底的に行ったからなのです。

その「共通点」とは・・・・

続きは、また来週!お楽しみに!

 

■松下雅憲の著書:「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」(同文舘出版)のAmazonサイトはこちら

https://www.amazon.co.jp/dp/449553971X/

■PEOPLE&PLACE代表・松下雅憲の「スタッフが辞めないお店の作り方研修」ホームページはこちら

http://tenchonavi.com/contents_154.html