『言葉がけ』を意識して育成をする2つの理由

こんにちは。株式会社マイクレドの稲森愛弓です。

前回のコラムはお読みいただけましたでしょうか?

これからは、私が大切にしている『言葉がけ』を意識した育成法について、細かくお伝えしていきますね。

少しずつにはなりますが、どうぞお付き合いいただけたら嬉しいです。

『言葉ありき』という理由

さて、私が人との関係を築いていく上で、何故、『言葉がけ』を一番大切にしているのか?

こちらをお話したいと思います。

私が言葉がけを大切にする理由は2つあります。

1つ目は、何事も先に言葉ありきだと思うからです。

思考も現実化すると言われていますが、言葉にはそれ以上のパワーがあります。


『お前はダメな子だ』と言って育てれば、ダメな子供が育つし

『貴方には言ってもわからない』と言えば、分かり合えないパートナーシップが育つし

『なんでこんな簡単なこともできないの?』と吐けば、簡単なこともできない人財が育つ


逆に、


『貴方なら大丈夫!困った時には相談してね』と見守れば、失敗を恐れない子に育つし

『いつもありがとう』をきちんと伝えれば、大切にされるパートナーシップが育つし

『貴方がいてくれて本当に助かるよ』と頼りにすれば、やる気を持ってしっかり働く人財が育つ


どちらも、自分が投げかけた言葉が作る結果なんです。

だからもし、今ある現状を変えたいと思っているならば、投げかける『言葉』を変えることが先なんです。

『ギフト』という理由

『言葉がけ』を大切にしている2つ目の理由は、言葉は『ギフト』だと思っているからです。

誰かに贈り物をする時って、必ず相手の喜ぶ姿を想像しますよね?

誰だって、どうせなら喜んでくれるものを贈ると思います。

思いつきや、その時の感情だけで話していては、相手にとって必要な言葉を、必要なタイミングで伝えることはできません。

目の前の相手が、今、どんなことでつまづいていて、何に不安や不満を感じているのか?

そんな普段の会話から、相手にとっても自分にとっても、大切な気づきを得るチャンスはいくらでもあります。

そして、贈った言葉を受け取るか受け取らないかは、相手の自由だという事も大切なので、ここで付け足しておきますね。

『何回言ってもわかってくれない』

『全然返してもらえない』

と思ってしまうときは、ただの押し付けになっているのかもしれません。

言葉はある意味、無限だから、つい雑に扱ってしまいがちだけど

もし、有限だとしたら?

もし、有料だとしたら?

もっと真剣に考えて言葉を大切に選ぶと思います。

それくらいの気持ちで、目の前の人に想いを伝えるとしたら、どんな言葉を貴方なら選びますか?

暖かい言葉を積み重ねた場所にいるだけで、貴方自身も、周りにいる人たちにも幸せな未来があると信じて、今日から目の前の人との『会話』を変えてみませんか?