【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】家康タイプの特性心理学:2

こんにちは、特性心理学の笹田です。

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

前回のコラムでは、特性心理学で考える家康タイプとのコミュニケーションの取り方について解説しました。

前記事:【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】家康タイプの特性心理学:1

今回のコラムでは、家康タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉についてお伝えします。


特性心理学では、手のシワからその人の特性を知り、その特性に合ったコミュニケーションの在り方や、声かけの方法を提案しています。

特性を知った上で行う声かけは、スタッフの得意を無理なく伸ばすと共に、相互理解が深まり、信頼感が増していくものになります。

*特性心理学では、仕事上での特性が分かるように特性診断を行っておりますので、宜しければご覧ください。

外部サイト:日本特性心理学協会『特性診断』

http://tokusei-shinrigaku.jp/tokuseiichiran/

では、まず前回のおさらいです。

 

【家康タイプとは】

【長い知能線+知能線の終端がAのエリア】

このような形状の知能線を持つ方は、

・自らの思いを現実化するために現実的な視点を持ち

・しっかりと熟考しながら

・どうやったらベストな結果を得ることが出来るかを考えつつ

・その時が来るのを待ち、タイミングを計ることが出来る

タイプです。

◆表のキーワード
思慮深い、現実主義、現状を把握する、情報収集、情報を重視する
◆裏のキーワード
臆病、根拠にこだわる、理想を軽視する

知能線がこのような形状のタイプの方を、家康タイプと分類しています。

 

では、家康タイプとのコミュニケーション法とモチベーションを上げる勇気づけの言葉について、お伝えしていきましょう。

 

まず、コミュニケーションの在り方としましては、家康タイプの最も大きな特性である、『現実的な視点を持って、じっくりと取り組む』というところから、現段階で実現しそうにない理想や夢を語るよりも、今できることで「どうしたら近い将来、結果が出るか?」というところに重点を置くことが大切です。

 

例えば、

「長期的な視点で見た時に、どんな結果が出たら、お店とスタッフの双方にとって良いか?」という意味を込めて、

・「お客様に長く通ってもらえるお店って、どんなお店だと通いたくなるかな?」

・「お客様に喜んでいただくために今スグにでも、できそうなことって、どんなことがあると思う?」

・「半年後に○○%売上を伸ばすとしたら、どんなことができるかを一緒に考えて欲しいんだよね。」

などと、スタッフにとってもお店にとっても、現実的で実現可能なことを尋ね、否定することなく、しっかりと考えていることに耳を傾けながら、家康タイプの方が目指すものを共有していくような関わり方をすると、関係性が強くなると共に円滑なコミュニケーションが生まれます。

 

次に家康タイプの方のモチベーションがダウンした場合。

もちろん優しい言葉がけは大切ではありますが、長々とした一時的な慰めや気休め的な関わり方、言葉がけは、あまり好みません。

なので、まずは、その人の実際にした行動や提案を認めることを、言葉にすることが大切です。

「そう見える」「そう感じる」というような、感覚的なことや思い込みで褒められても、家康タイプの人はあまりピンときません。

 

例えば、

・「○○さんの出してくれたアイデアの○○のところが、今までにない斬新さがあっていいね!」(具体的に、他とは違うところを認めた声掛けをする。実際にちゃんと見ていることを伝える。)

・「お客様と応対するときの笑顔がいいね。その笑顔は○○さんの強みだよねー」

・「いつも就業時間より早く来て、○○とか、他の人が気付かないことをやってくれて、ありがとう」

・「○○さんが着けているアクセサリーが、服のセンスと合わさって、いつも良い感じだよね。そのセンスが素敵な提案を生み出せてるかも」

・「いつも○○さん、頑張ってるね。その頑張ってる姿を見て、他のスタッフが刺激されて、「私も○○さんみたいに早くなりたいです!」みたいに言ってくる人もいるぐらい、○○さんは影響力がある人なんだよ。でも疲れた時は無理しないで、素直に話してくれればいいからね。」

そして、モチベーションがダウンしているのであれば、その状況を理解、共感したうえで、具体的に次につながる言葉がけをすることが大切です。

 

例えば、

 

「○○さんが一生懸命に取り組んでいたことは、近くで見ていてよく分っていたつもり。だから、今回のことは本当に悔しいよね。

でも、○○さんの一生懸命に取り組める情熱を私は知ることができて本当に良かった。

そんな情熱がある○○さんにこんなことを(その人が今回エネルギーをかけた状況に似たようなことで、ステップアップになるようなこと)任せたいと思うんだけどどうかな?

難しいと思うところは、私がフォローするから。

あなたを見ていて、これはあなたに任せたいと思ったんだよね」

 

というように、家康タイプの方には、感覚的なことやあなたの主観ではなく、現実的で具体的なところを認めて伝えることがコミュニケーションやモチベーションの向上のために大切なポイントになります。

ぜひ家康タイプの方と関わるときには参考にしていただければ幸いです。


次回は、また別の武将タイプの特性の詳細について、お伝えします。

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。

来週もどうぞよろしくお願いいたします。