【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】石田三成タイプの特性心理学:1

こんにちは、特性心理学の笹田です。

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

前回のコラムでは、家康タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉についてお伝えしました。

前記事:【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】家康タイプの特性心理学:2


 

今回のコラムでは、知能線の長さが標準でBエリアに入るタイプ。

このような形状の知能線を持つタイプの方について解説します。

特性心理学では、仕事上での特性が分かるように特性診断を行っておりますので、宜しければご覧ください。

外部サイト:日本特性心理学協会『特性診断』

http://tokusei-shinrigaku.jp/tokuseiichiran/

 

【石田三成タイプとは】

【標準的な長さの知能線+知能線の終端がBのエリア】

 このような形状の知能線を持つ方は、

・周囲の状況を良く見ることが出来る

・状況に応じて適切な判断を下す。

・現実と理想のバランスを大事にした視点、

・行動と修正のバランスを良く兼ね備え、

・公平で偏りがない考え方に長けている

参謀タイプです。

 

◆表のキーワード
良否を見抜く、公平性、思いやりがある、義理堅い、優しい
◆裏のキーワード
規則に厳しい、こだわりが強い、思い込み、正邪を裁く

戦国武将タイプ:石田三成

※本診断は、皆様にわかりやすくタイプをお伝えするため、象徴的な「武将」としてご紹介しています。実際の「手相」の持ち主であったことを証明するものではありませんので、悪しからずご了承ください。

 

【三成タイプの特性】

 では、この【標準的長さの知能線+知能線の終端がBのエリア】のタイプの方、(以下、三成タイプと表記します)の特性について、解説します。

三成タイプの特性として、 

・周囲の状況を良く見た適切な判断
・現実と理想のバランス公平で偏りのない視点
 

という特性があるので、まず長所して挙げられるのは、お店の状況や雰囲気、お客様の様子や状態を敏感に察知する観察力が高いということです。

そのために、自分の見立てがお客様の好みやニーズとマッチングし、結果を出すこと(お客様の笑顔とお店への貢献)に大きな喜びを感じやすいタイプでもあります。

なので、「お客様だけ・お店だけ」ではない、双方の喜び、お客様の喜びとお店に貢献するという橋渡し的な視点を身に着けるように育成し、結果を出せるように導けると、スタッフとして、非常に大きな戦力となります。

 

そして、指導する際には、バランスの取れた視点での指導が非常に重要になります。

 

公平、平等であることを大事にする視点で物事を見ているので、

「あの人に従っていれば大丈夫」

「お客様は神様だから何を言われても耐えなさい」

「お店のことを一番に考えるべきでしょ」

というバランスを欠いた視点で伝えてしまうと、三成タイプの特性を奪うことに繋がり、モチベーションや働く意欲をダウンさせてしまいます。

加えて、慣れ合いになり過ぎて、なあなあになってしまうことを、このタイプの方は、好まない特性があります。

経験の少ないスタッフであれば、スタッフ・お客様・お店にとってのバランスが取れたメリハリをつけた指導で育成し、

それなりの経験を持ったスタッフであれば、商品の陳列や新しいスタッフの教育係を任せるなど、先を見越して考えたことを実践できるような作業を任せてはどうかと思います。


今回は三成タイプの特性とモチベーションアップの方法と、逆にモチベーションがダウンしがちな要素をお伝えしました。

是非参考にしてみてくださいね。

次回は、三成タイプとのコミュニケーション法とモチベーションを上げる勇気づけの言葉をお伝えします。

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。

来週も楽しみにしていただければ幸いです。