【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】織田信長タイプの特性心理学:1

こんにちは、特性心理学の笹田です。

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

前回のコラムでは、三成タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉についてお伝えしました。

前記事:【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】三成タイプの特性心理学:2


今回のコラムでは、知能線の長さが短めでCエリアに入るタイプ。

このような形状の知能線を持つタイプの方について解説します。

特性心理学では、仕事上での特性が分かるように特性診断を行っておりますので、宜しければご覧ください。

外部サイト:日本特性心理学協会『特性診断』

 

【織田信長タイプとは】

【短い知能線+知能線の終端がCのエリア】

このような形状の知能線を持つ方は、

・その行動が、自らが追い求める理想に近づけるかどうか、興味の有無やメリットデメリットを瞬時に見極めて、やる・やらないの判断が早い

・好きか嫌いかなどの決断も速いので、周りの人の意見を聞きながら上手く立ち回るよりも、自分のスタイルを尊重する

ようなタイプ。

表のキーワード
理想の追求、独創的なアイデア、即断即決、スピーディな発想と行動
裏のキーワード
手段を選ばない、思いつきな行動、考えが浅い、気配りが下手

戦国武将タイプ:織田信長

※本診断は、皆様にわかりやすくタイプをお伝えするため、象徴的な「武将」としてご紹介しています。実際の「手相」の持ち主であったことを証明するものではありませんので、悪しからずご了承ください。

 

【信長タイプの特性】

では、この【短い知能線+知能線の終端がCのエリア】のタイプの方、(以下、信長タイプと表記します)の特性について、解説します。

信長タイプの特性として、 

・独創的なアイデアを持ち、理想を追求する

・スピーディな発想と行動に基づく、即断即決

という特性があるので、まず長所として挙げられるのは、現状の停滞感やマンネリ感を、独自の発想と世界観で打破するアイデアを持ち合わせる可能性があるということです。

独自な視点やアイデアを持つために、周りのスタッフやその近くの方からは、理解し難いところもあるかもしれませんが、その視点が、個性や独自性を大事にしたい方からは、重宝がられる存在でもあります。

なので、「お客様・お店」にとって、現状を変えるために、新しい視点、改革を求める時には、時に発する突拍子もない意見やアイデアを遠ざけることなく、その意見に耳を傾けることを意識することで、その個性が花開き、店舗にも、スタッフとしても大きな戦力となる可能性を秘めています。

 

そして、指導する際には、個性を尊重する視点が大事になります。

プライドが高いので、他のスタッフの前での指導は、屈辱と感じやすいので、指導する際は、個別で行う配慮が必要です。

オリジナリティとパーソナリティを大事にする視点で物事を見ているので、

「他のみんなと同じように」

「普通はね」

「一般的にはさ」

「いつもと同じように」

という状態が長く続き、変化を感じることがないと、信長タイプの特性を奪うことになり、モチベーションや働く意欲をダウンさせてしまいます。

変化や新しいこと、刺激を求めるところが強いために、常識や普通を求めてしまうと、とっつきにくいところはありますが、経験の少ないスタッフであれば、その視点を尊重して、思いを十分に聞き出して、個性を育てるような指導法で育成する。

それなりの経験を持ったスタッフであれば、店のコンセプトを伝え、理解してもらったうえで自由な裁量を持たせることが、来店するお客様の幅が広がるのではないかと思います。


今回は、信長タイプの特性とモチベーションアップの方法と、モチベーションがダウンしがちな要素をお伝えしました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

次回は、信長タイプのコミュニケーション法とモチベーションを上げる勇気づけの言葉をお伝えします。

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。

来週も楽しみにしていただければ幸いです。