少しずつでも行動に移す大切さと、そのための思考の仕方

こんにちは。株式会社マイクレドの稲森愛弓です。

このコラムでは、『言葉がけ』による人材育成のポイントを中心にお伝えしています。


 

いつも読んで下さりありがとうございます。

毎回、色んなメッセージを頂きます。

そしてメッセージを頂くことで改めて考え、気づくことがたくさんあります。

本当にありがたいですね。

 

今回は、前回のコラムで頂いたメッセージから感じたことを

シェアしたいと思います。

 

「わかっていても、できる人は少ないですよね?」

「それって、あゆみさんだからできたんですよね?」

これらは、人育ての自分の体験を言語化した時によく言われる言葉です。

 

自分の考え方ややり方を、発言したり、発信するようになって初めの頃は

 

「んーーーーーーーー

そうなんかなあ?

本当にそうなんやろか?

みんなができるようになるためにはどうすればいいんだろう?」

 

そんなことを一生懸命考えてみたりもしました。

 

実際に私は、学歴もなければ色んな資格もありません。

本当にこんなことをお伝えすることで、誰かのお役に立てるんだろうか?

なんて思ったりしたことも何度もあります。

 

だけど、私が経験した出来事や辿ってきた感情を発信することで

今まさに困っている人や悩んでいる人たちの道しるべになれば

これ以上嬉しいことはないなー、という思いから現在の活動に至っています。

 

きっと、これらの言葉は、あの頃(うまくいかなかった)の私に

伝えたいメッセージなんだと思います。

 

だから、経営も人材育成も、最初からうまくいっていたわけでは決してなく

専業主婦からの起業だったので

むしろ、挫折や失敗の方を人一倍経験しています(笑)

 

そして現在でも日々の問題やトラブルは起きます。

ということは、やっぱり誰でも、できることしかやっていないんですよね。

 

もちろん、実際に経験してここまでやってきたのは私だから

「あゆみさんだからできたんですよね?」の答えはYESなんです。

 

だけどこれは、私が特別だったということではなく

うまくいかないことには、やはり理由や原因が必ずあるということ。

 

そして『物事のどこに視点を置いているか?』がとても大切なのだと思います。

 

単純にうまくいかないと感じる時には、同じやり方に執着をしないで、

今までの考え方ややり方と違うことを、

または、真逆をやってみることをお勧めします。

 

・どんな自分になりたいのか?

・どんな未来にしたいのか?

・どんな関係を望んでいるのか?

・どんな職場にしたいのか?

 

これらを明確にした上で

『では、どうすればそれらを手に入れることができるのか?』

『そのために今できることは何なのか?』

をきちんと考える。

 

そして一番大切なことは、これらのことを少しずつでもいいから行動に移すこと。これが何より大切です。

ただ思っているだけでは、現状は変わりませんからね。

 

そして、「そんなことはわかっているし、聞き飽きたよ」と言って

行動に移せない時に働いている思考って何だろう?

 

この部分を頑張ってお伝えしてみようと思います(笑)

 


行動に移せない時の思考

未体験のことをやってみよう!

「うまくいかなかった過去の感情を覚えている」

例えば

傷ついた、がっかりした、恥ずかしかった、情けなかったetc

もしくは

「現状より悪くなることを恐れる」「リスクはできるだけ負いたくない」「嫌われたくない」などの感情が湧く

そんな思考から変化が怖くなる

現状に満足はしていないけど、生きてはいける

変わる恐怖>満足していない現状

「変わらない」ことを選ぶ


 

こんな思考だったように思います。

 

じゃあ、沢山の経験を積んできた今はどう変化したんだろう?

と、これも考えてみました。

 


行動に移せるようになった思考

未体験のことをやってみよう!

嫌な感情を味わうかもしれないけど、ただの思い込みかもしれないし、意外と上手くいくかもしれない

やらなければ、現状維持か、もしくは後退するかもしれない

上手くいかなかったこともあったけど、上手くいったこともあったよな?

上手くいかなくても、これまでだって何とかなったし

現状を本当に変えたいと思っているのか?

「このままではよくない」

本当に?

「やっぱり変えたい」

どんな風に変わりたいのか?どうなれば嬉しいのか?

そうなるために今できることは?

今日はこれをやってみよう!明日はこれを話してみよう!


 

こんな感じで自分としっかり対話することで、

少しずつですが自分の想いを伝えられるようになってきました。

 

それから、これだけ自分に質問を重ねて気持ちを確認していると

感情的にそのまま相手に気持ちをぶつけることも少なくなるので

伝えたいことが伝わりやすくなると思います。

 

そしていつも言っていることですが、私の場合この中に、

「相手にどうなってほしいか?」は入っていません。

 

なぜなら相手に期待をしてしまうと、

相手をコントロールすることに意識が向いてしまうので

伝えたいことが上手く伝わらなくなってしまいます。

 

私がどうしたいか?ももちろん大切ですが

相手がどうなりたいか?も同じくらい大切にできたら最高ですね。

 

やり方に間違いはありません。

自分で試して体験することで、答えの数が増えていきます。

失敗だったと思うような出来事も振り返ってみると

必要な経験だったってこともありますよね?

 

そして、経験が増えるほど自分自身を信頼できるようにもなるのでオススメです。

 

何度でも、いつからでも自分のスイッチを入れるだけでできますよ。

 

私が普段から人と関わる時にやっている

心の動き「人育ての極意」を、よろしければお試しあれ!