【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】織田信長タイプの特性心理学:2

こんにちは、特性心理学の笹田です。

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

前回のコラムでは、特性心理学で考える信長タイプとのコミュニケーションの取り方について解説しました。

前記事:【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】信長タイプの特性心理学:1


今回のコラムでは、信長タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉についてお伝えします。

 

特性心理学では、手のシワからその人の特性を知り、その特性に合ったコミュニケーションの在り方や、声かけの方法を提案しています。

特性を知った上で行う声かけは、スタッフの得意を無理なく伸ばすと共に、相互理解が深まり、信頼感が増していくものになります。

*特性心理学では、仕事上での特性が分かるように特性診断を行っておりますので、宜しければご覧ください。

特性診断

では、まず前回のおさらいです。

【織田信長タイプとは】

【短い知能線+知能線の終端がCのエリア】

このような形状の知能線を持つ方は、

・その行動が、自らが追い求める理想に近づけるかどうか、興味の有無やメリットデメリットを瞬時に見極めて、やる・やらないの判断が早い

・好きか嫌いかなどの決断も速いので、周りの人の意見を聞きながら上手く立ち回るよりも、自分のスタイルを尊重するタイプ

表のキーワード
理想の追求、独創的なアイデア、即断即決、スピーディな発想と行動
裏のキーワード
手段を選ばない、思いつきな行動、考えが浅い、気配りが下手

知能線がこのような形状のタイプの方を、信長タイプと分類しています。

 

では、信長タイプとのコミュニケーション法とモチベーションを上げる勇気づけの言葉について、お伝えしていきましょう。

 

まず、コミュニケーションの在り方としましては、信長タイプの最も大きな特性である『独創性とスピード感』ということろから、

現実や実際がどうであるか?ということを長々と説くよりも、「独創性を語らせ、育てながら、周りとの協調性を磨いていくか?」というところに重点を置くことが大切です。

信長タイプの人は、「長いものに巻かれるという考え方」を良しとせず、独りになることを怖れないところがあるので、信長タイプの特性でもある「独創性」をそのままにしておくと、協調性のない、個性の強い変わり者扱いで終わってしまうことがあります。

そのため、行動力ある独創性を活かすためにも、協調性を大切にする視点を持ってもらえるような育成を意識して欲しいと思います。

例えば、

「お客様の好みを尊重しながら、個々のお客様に相応しい商品提案をするために、スタッフとどんな意識を共有することができるか?」という視点に立って、

・「お客様の好みに、もう一点加えて、更にお客様を引き立てるには、何が必要だと思う?」

・「多くのそれぞれのお客様の個性を尊重し、大切にして、お店を気に入ってもらう、満足納得してもらうためにどんな意識をスタッフと共有出来たらいいと思う?」

・「お客様に選んでもらえる店舗となるために、独自性をアピールしていきたいのだけど、他のスタッフの特性も併せて、今の店舗で独自性をアピールするとしたら、どんなことができると思う?」

などと、これからは更にお客様、スタッフ、店舗の三者にとってのメリットを生み出せるように考えていかなくてはならないので、スピード感と独創性という視点を持った信長タイプは、少し偏りが出やすいところがありますが、逆にその偏った視点を利用して、フィードバックさせるような関わり方が、関係性を強化させ、円滑なコミュニケーションが生まれます。

次に、信長タイプが喜ぶ言葉がけの種類。

「理想」「創造性」「夢」を大事にすることに大きなモチベーションを感じるのですが、叶えるまでに長い時間が必要と感じるものに、信長タイプは、魅力が半減してしまいます。

理想や夢に到達するには、スピード感が大切だと感じるタイプなので、まずは、信長タイプが目指す方向へ向かうための短期での目標を決められるように誘導する『言葉がけ』や、スピード感を評価する言葉がけが大切です。

 

例えば、

・「〇〇さんのお店改革の提案、良かったね。ただ現状を考えると即それが叶えられるまでに時間がかかってしまうように見えるから、その目標を達成するために、階段のようにステップを決めて、一段一段クリアして行こう。最初のステップは何にする?」

・「一目で、あのお客様に似合って欲しくなる提案ができるなんスゴいね!」

・「直ぐに、お客さまの考えや好みとマッチングさせるのは感心します。」

・「来て早々、店舗のウィークポイントに気づいたことに驚きます。」

・「理解力早いし、勘がいいよね。一聞いたら、十知っちゃうタイプじゃない?」

 

そして、信長タイプの方のモチベーションがダウンした場合。

モチベーションがダウンしている時は、思いやりのある言葉がけはもちろん大切ですが、理想や夢の達成を否定するような言葉がけでの慰めは、返って感情を逆なでするだけで、回復は見込めません。

信長タイプの方の状況を理解、共感したうえで、具体的に『独創性』と『理想の追求』『スピード感を持った行動力』を認めた言葉がけをすることが大切です。

 

例えば、信長タイプの特性である理想の追求、独創的なアイデアを持って、社内改革のコンペに自信をもって提案したものの、散々な結果にガッカリしている状態だとするなら、

「〇〇さんの提案、すごく斬新で画期的だった。もし、その企画が通ったらと思うと、私も本当にワクワクしたし、超楽しいかもって思えたよ。

でも、まだ保守的な管理職がいて、新しいアイデアが理解できずに昔ながらの方法に固執して、しがみついているのかもしれないね。

〇〇さんも自信満々で提案したからこそ、結果を出せなかったことにすごく落ち込んでいるんだと思う。

でも、今回のことで、どんな企画だったら通りやすいのかが少し見えてきたんじゃない?

〇〇さんだったら、その独創的な視点での理想を追求するために最初のステップが何かってことに気づいたんじゃない?

だったら、大きな社内改革を起こす前に、今すぐできて続けられる小さな変化に焦点当ててみようよ。

今までも、〇〇さんの新しい視点で、いっぱい気づきをもらったことに、とても感謝してるからね。」

というように。

信長タイプの方には、その先の未来の夢や理想と実現しようとするその行動力を認めて伝えることが、コミュニケーションやモチベーション向上のための大切なポイントになります。

ぜひ、信長タイプの方と関わる時には参考にしていただければ幸いです。


 

次回は、また別の武将タイプの特性の詳細について、お伝えします。

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。来週もどうぞよろしくお願いいたします。