【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】真田幸村タイプの特性心理学:1

こんにちは、特性心理学の笹田です。

いつもご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

前回のコラムでは、信長タイプとのコミュニケーション法と、モチベーションを上げる勇気づけの言葉についてお伝えしました。

前記事:【スタッフのモチベーションはこう上げろ!】信長タイプの特性心理学:2


今回のコラムでは、知能線の長さが長めでCエリアに入るタイプ。

このような形状の知能線を持つタイプの方について解説します。

特性心理学では、仕事上での特性が分かるように特性診断を行っておりますので、宜しければご覧ください。

外部サイト:日本特性心理学協会『特性診断』

【真田幸村タイプとは】

【長い知能線+知能線の終端がCのエリア】

このような形状の知能線を持つ方は、

・自らの理想や思いの実現を目指し、良い結果を求めるためにしっかりと考えて、様々なことを考える能力に長けている

・そして義理堅く、精神性を重視し、非言語の世界、言語化できない感覚を大切にするタイプ

表のキーワード
理想を大事にする、ロマンティスト、様々な可能性の想定、危険予知
裏のキーワード
お金に関心が低い、慎重すぎる、現実逃避、自らの世界に入り込む

戦国武将タイプ:真田幸村

※本診断は、皆様にわかりやすくタイプをお伝えするため、象徴的な「武将」としてご紹介しています。実際の「手相」の持ち主であったことを証明するものではありませんので、悪しからずご了承ください。

【幸村タイプの特性】

では、この【長い知能線+知能線の終端がCのエリア】のタイプの方、(以下、幸村タイプと表記します)の特性について、解説します。

幸村タイプの特性として、

・独創的なアイデアを理想的な形にじっくり育てる

・様々な可能性を想定しながら、慎重に進む

という特性があるので、まず長所として挙げられるのは、焦ることなく、理想を追求しつつ、育てていくという辛抱強さと、これから先起こる可能性のある出来事を先読みする能力が高いことです。

辛抱強さとじっくり取り組むタイプであるために、スピード感を感じられないかもしれませんが、大きな目を持って任せられれば、責任感が強いので、粘り強く取り組みながら、結果を出す努力を惜しまないタイプでもあります。

なので、「お客様・お店」にとっての双方のメリットを、じっくりと独創性を持った目で様子を見ながら、考え実践するタイプなので、日常の業務を行いながら、その独創性と実践という花が咲くことを信じて、見守ることができたなら、強力な戦力となる可能性を秘めています。

そして、指導する際には、スピード感を煽らないことが大切です。

一見、のんびりしているように見えますが、いろいろと考え、思いを馳せながら仕事をしているので、焦らせたり、過度にスピードを要求するとモチベーションが下がるので、声を掛けながら、本人のペースで作業をさせる配慮が必要です。

また、理想的な姿を追求する、ロマンティストでこだわりの強い一面を持っているので、

「適当でいい」

「細かなところは見ない」

「そこはこだわらなくていい」

「もっとスピード感を持って」

などの、自分らしさや独創性を否定されることが続いてしまうと、幸村タイプの特性を奪うことになり、モチベーションや働く意欲をダウンさせてしまいます。

 

こだわりが強く、独創性や理想を求めるところが強いために、スピード感や素直さが欠けてしまうような面はありますが、経験の少ないスタッフであれば、このお店に相応しいディスプレイの在り方や雰囲気などを引き出すように話を聞いてみるのも、スタッフを育てる指導の一つです。

それなりの経験を持ったスタッフであれば、スタッフの考えを聞き、お店のコンセプトを伝えたうえで、改革案やアイデアなどを出してもらい、小さくてもいいので、歩み寄れる範囲で改善していくことが、ヤル気を引き出すことに繋がると思います。


今回は、幸村タイプの特性とモチベーションアップの方法と、モチベーションがダウンしがちな要素をお伝えしました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

次回は、幸村タイプのコミュニケーション法とモチベーションを上げる勇気づけの言葉をお伝えします。

今週もお読みいただきまして、ありがとうございました。

来週も楽しみにしていただければ幸いです。