ルールと向き合い、ルールと上手に付き合うために

こんにちは。株式会社マイクレドの稲森愛弓です。

このコラムでは、『言葉がけ』による人材育成のポイントを中心にお伝えしています。

 


 

今日は我が家の長男のお話。

 

現在、私が経営しているお店の1つを、

(彼自身の希望もあり)店長として息子に任せています。

 

普段はこだわりが強くて正直大変な時もありますが、

常に全力で誠実に仕事に取り組む姿は、

側で見ていて我が子ながら頑張ってくれているなあと感心しています。

 

実は彼は、いわゆる発達障がいで

幼い頃から育児書通りに全く当てはまることのない

一筋縄ではいかない子どもでした。

 

大好きな野球を小学2年生から始め

高校までの11年間

がっつりと青春を野球に捧げて過ごしました。

 

それは、彼の有り余るエネルギーをぶつけるには

必要な経験だったと思えるけれど、

価値観が育つ成長期に、とても厳しい環境に身を置いたことや

一時、警察官の職を選んだ経験は

ルールだらけの組織に身を置くことになり

彼が本来持っていた特徴も相まって

なかなかの偏った思考の頑固者にもなり

指示通りじゃなかったり、ルールがないと不安を感じるみたいなのです。

(あ、それがいいとか悪いとかの話ではないですよ)

 

そして、野球と同じでゲームの流れを先の先まで読み

最悪の事態を予想して、全てのことをルール化したがる傾向があります。

 

今夜はたわいもない小さな質問から

お互いの受け取り違いもあり、少しエキサイトしました。

 

主人と長男は性格がとても似ている部分がある上、

お互いに想いを伝えることが得意ではないので、

まあまあの確率でぶつかります。

 

将来的に自分のお店を持つことが目標の彼に大切なことを伝えるために

深夜遅くまで、3人で膝を突き合わせてじっくりと対話をしました。

 

ルールはある程度の秩序を守るためにはとっても大切なものだけど

作りすぎると窮屈な職場になることや

 

ルールや決まり事だらけの中では、人は自分で考える力が育たないこと

 

大切な部分を共有できていれば

やり方の違いで売り上げが下がったりすることはないこと

 

それぞれの人柄を信頼して任せることで

その人らしく最大限に能力を発揮してくれること

そして、その能力はみんな同じじゃないこと

 

何より、怒ってもいない事実に不安を膨らませて仕事をすることは

無駄に自分を苦しめることになるよ

 

母さんも一つ一つ父さんに相談しながら

たくさんの失敗を繰り返し、このやり方にたどり着いたんだよ

 

そして、今君がいる場所はルールだらけにしなくても

競い合ったりしなくていい仲間に囲まれた温かい環境なんだよ

 

そんな言葉を彼に伝えました。

 

その上で自分がお店をやるなら、どんな想いで何を大切にして

どんなスタイルでやりたいのか?を考えたらいいと思う。

 

どれも間違いじゃないし

実際には経験しなきゃわからないことが沢山あるから

どれを選んだとしても大丈夫

 

失敗したら改善し、間違えたら反省しながら

毎日を丁寧に積み重ねてくれたら嬉しいです。

 

夜中にまあまあの音量でぶつかり合った親子ゲンカも

お互いの全てを出し切って無事に終了しました笑

 

なので次の日はもと通り。

 

息子が投げた言葉は

本当に必要なルールってなんだろう?を考える貴重な時間になりました。

 

 

こんな風に

親子間で経営の中身を一緒に学べる場所がある環境を

本当にありがたいと思います。