GWの10連勤を通して感じた『大切なこと』

こんにちは。株式会社マイクレドの稲森愛弓です。

このコラムでは、『言葉がけ』による人材育成のポイントを中心にお伝えしています。


10日間の長いゴールデンウィークが終わりました。

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

私は、10連勤でお店に出ていました。

 

今回は決して休めなかったわけじゃなく、休まなかったのです。

そこには理由がいくつかありまして。

 

1つ目は、普段シフトに穴を開けることなく

いつも誠実にお仕事をしてくれているパートさん達には極力お休みして

家族との時間を楽しんでもらいたかったこと。

 

2つ目は、満遍なくアルバイトの子たちとコミュニケーションを取るため。

 

3つ目は、アルバイトの子たちの仕事のスキルとお店の現状を把握するため。

 

でした。

 

普段、平日は、そのほとんどをワンオペで任せているお店で、

4月には価格改定があり、

それに伴うサービス向上やスキルアップ、スタッフの意識の向上も含めて

自分が連日お店に入り一緒に仕事をすることで

ズレや違和感などがあれば調整して

さらにお店の雰囲気をよくできたらいいなあなんて

そんな想いもありました。

 

そこで感じたことを今日はシェアしたいと思います。

ちょっと暑苦しいですよ笑

 

いつもは去年の売り上げから大体予測をして、

シフトを組み、心構えをして備えるのですが、

今年は予想を大きく超えるご利用がありました。

 

一人一人のお客様と会話をする中で、

今日ここに来た理由を聞かせてもらえたりもします。

 

そこには、食べさせたい人がいたり、持って行きたい場所があるというのです。

 

これだけ沢山のお店がある中から、

わざわざ足を運んで買いに来てもらえることはもちろんありがたいのですが

同時に、そんな風に思ってくださるお客様が沢山いるお店を

一緒に作ってくれている仲間にも感謝の気持ちが溢れて

仕事中に何度も泣きそうになりました。

 

決して立地条件の良くないこの場所で、10年もの間

こんな風に愛されるお店であることが本当に嬉しくてね。

 

一人でもやれることはあるけれど、仲間がいるって素晴らしいし

本当に幸せなことだなあと感じました。

 

たかがたこ焼き、されどたこ焼き

売ってるものはたったこれだけ

 

だけど、楽しい場所に持って行きたくなる

大切な人に食べてもらいたいってすごくないですか?

 

この連休中にみんなと一緒に、一体いくつのたこ焼きを焼いたのだろう?

食べてくださる方の美味しい顔を想像しながら

全て心を込めて一つ一つ丁寧に一生懸命焼かせていただきました。

 

そして、スタッフとも色んなことを沢山話しました。

作業の若干のズレに気づいてもらったり

仕事の際にできる工夫などもアドバイスをしました。

 

それからもう一つ

10連勤を体験して気づいた大切なこと!

やっぱり休みは必要だってこと笑

 

なぜなら、どんなに気持ちや思いがあっても

疲れがたまるとイライラもするしパフォーマンスも落ちるから。

 

最初の数日は同じ気持ちでやれていても

一週間をすぎた頃から、同じ気持ちでやれていない自分に気づきました。

いつもは気にならないスタッフのミスでイラッとしたりするんです。

 

そして、いつもなら簡単にカバーできることが億劫にもなってくる。

 

そんな心の動きに気づくことができました。

これもまた経験ですね。

 

結論!

自分の体と心を健やかに保つことは最重要事項です。

 

そして、これら全てをひっくるめて共有してくれている家族と仲間に

改めて感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

ゴールデンウィークはお疲れ様でした。

大きなミスもトラブルもなく終えられてホッとしています。

有り難うございました!

 

そして、文句も言わずにずっとそこにあり続けてくれているお店も中の備品も

心を込めてピカピカに磨き上げてきましたよ。いつも本当にありがとう!

 

さあ、今日からしばらく自分の体と心が喜ぶことに集中しようと思います。