初日オリエンテーションで押さえておくべきもうひとつのポイント

こんにちは。

「『人不足は当たり前』という業界の常識をぶっ潰す」という信念で店長研修を行っている松下雅憲です。

 

今回は「初日オリエンテーションで押さえておくべきもうひとつのポイント」について解説しましょう。

新人にとっての『大きな問題』

Aさん
「店長・・・・月曜日に入った新人のAさんが、もう辞めるって言ってきたんですが・・・」
店長
「ええええ〜なんで〜〜??」
Aさん
「わかんないです〜。私とBさんとで、ちゃんと親切に教えたんですけどね〜」

 

・・・・・・・

 

さて、なぜ新人さんは、入店したばかりですぐに辞めちゃったのでしょうか?

このお店の店長は、この新人と面談して「なぜ辞めたくなったのか?」についてヒヤリングをすることにしました。

そこでわかった「原因」とは・・・・

 

店長
「どうして辞めようと思ったの?」
新人さん
「だって、先輩のAさんとBさんで言うことが違うので、二人から別々にやり方が違うって叱られるんです。もう、いやです・・・」

 

店長は、お店の中のある作業手順が、スタッフによって少し違っていることは認識していました。

しかし、それはそんなにたいした問題では無いと思っていたのです。品質に違いがあるほどでは無いし、お客様にも迷惑を掛けるような問題では無かったからです。

 

しかし、品質やお客様への迷惑が無かったものの、新人にとっては「大きな問題」だったのです。

作業方法の全てを先輩から学ぶ新人にとって、先輩毎にやり方が違うのは「大きなストレス」だったのです。

さらに、それぞれの違いをそれぞれの先輩スタッフが自分のやり方にこだわっていたら・・・

新人は、その日一緒に仕事をする先輩に合わせて作業をしなくてはならなくなり、もし違っていたらすぐに叱られるというなんだか理不尽なストレスがかかってしまうのです。

 

店長にとっては、スタッフそれぞれがこだわっているんだから良いことだと思っていても、新人にとっては「ついていけない」問題だったのです。

 

このお店の店長は、さっそくベテランスタッフを集めて緊急ミーティングをしました。

そこで、この問題の修正に入ったのです。

 

店長はスタッフ達に以下のようなポイントを要請しました。

  • スタッフが自主的に「やり方」を高めて行く姿勢は認めつつも、チーム内でその方法がバラバラでは新人達にとっては大きなストレスになること。
  • そして、その結果、品質やお客様への迷惑といった問題を引き起こす原因になってしまうこと。
  • 大切なことは、チームとしてオペレーションをお店全体でいつも安定させること。

ベテランスタッフ達は、店長からの問題提起と基本事項の要請に対して素直に理解をし、お互いに話し合ってオペレーションの統一に向けて動き出しました。

 

以降、このお店では、スタッフそれぞれのこだわりを話し合いによって高めて行きながらも、きちんと統一していくようになったのです。

チーム内ギャップをどうするか?

さて、今回のような「チーム内ギャップ」は、きっとあなたのお店でも起きることだと思います。

一生懸命にまじめに仕事をすればするほどこう言うことは起きがちなのです。

そんな時に、店長として大切なことは「チーム内にギャップを感じたら一度店長に報告させて、話し合ってギャップを埋める」と言うことなのです。

 

そしてそのギャップをいち早く感じられる立場にいる「新人」には、初日のオリエンテーションで、必ず、

「スタッフによって教えられたことに違いがあるように感じたら、先ずは店長に相談する」

と言うことを伝えるようにして欲しいのです。

そうすることで、勤務が始まっていきなり「教える人によって教えることが違う」という壁にぶつかっても、早めに対処することが出来るのです。

 

いかがでしょうか?

これが、スタッフが辞めないお店にしていくために「勤務初日」に伝えるべき大切なもうひとつのポイントです。

ぜひとも、ここには「こだわって」くださいね!

 

次回は、「勤務3日で辞めないようにする不安解消オリエンテーション」についてお話ししますね。

お楽しみに!


■松下雅憲の著書:「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」(同文舘出版)のAmazonサイトはこちら

https://www.amazon.co.jp/dp/449553971X/

 

■PEOPLE&PLACE代表・松下雅憲の「スタッフが辞めないお店の作り方研修」ホームページはこちら

http://tenchonavi.com/contents_154.html

 

■「スタッフが辞めないお店作り力診断スマホアプリ(無料)」のダウンロードサイトはこちら

http://tenchonavi.com/contents_142.html