何かを成し遂げたり、軌道に乗せたりするためにはどうしたら良いのか?

step

こんにちは。株式会社マイクレドの稲森愛弓です。

このコラムでは、『言葉がけ』による人材育成のポイントを中心にお伝えしています。


何かを成し遂げたり、軌道に乗せたりするためにはどうしたら良いのか?

 

その答えをみんな知りたいと思うんだけど、一番必要なのは

その事や物に圧倒的に時間とエネルギーを情熱を持って注げるかどうか?

なんだと思う。

 

今年のGWは過去最長の10連休でした。

先週のコラムにも記した通り

私は意図的に自ら進んで10連勤を体験しました。

 

今は週末だけお店に出ているので、体も心も余裕があり、

普段は感じないけど、長い時間お店に居続けることで

自分の中の感情の移り変わりから気づいたことが沢山ありました。

その中で強烈にメッセージとして受け取ったものがありまして、とても大切なことなのでシェアさせていただきますね。

 

お店をオープンした当初は…

好きとか嫌いとかそんなこと考える暇もなく

忙しい日も暇な日も

気分が良くても悪くても

暑かろうが寒かろうが

来る日も来る日も同じ場所で

心を込めて同じことをやってきたなーって。

 

そして、長い年月休みなく毎日を積み重ねてきたことで

自然に身についたことや日々の体験が今につながっていることも感じました。

 

 

良いことも嫌なことも、もれなく自分で対応するしかなかった。

(経営者だから当たり前ですが笑)

 

「こんな時にはどうすれば良いですか?」の答えはもちろん持ってるし

スタッフがミスをした時に、何故そうなったのか?の予測ができるし

改善方法もわかった上で、どうしたら良かったのかを

冷静に一緒に考えることもできるようになった。

 

それから、売り上げの数字を見ただけでどれくらい大変だったか、

どれくらい頑張ってくれたのかもすぐにわかるから

労いの言葉にも自然と気持ちが入るようになります。

 

達成感も挫折感もどちらの気持ちにも寄り添えるから

仲間の苦労や成長を見逃さずにキャッチできるようにもなります。

 

人間だから無敵ではないし、完全無欠でもないけど

どんなことも修復可能な人にはなれるんだと思う。

 

みんな最初からできる人はいないし、何事も頭で理解するだけじゃなく

一つ一つ経験して腑に落ちることがいっぱいあるから。

 

そして、そうなる為にはやっぱり地道な毎日を粛々とやり続けられるかどうか。

これなんじゃないかと思います。

要は一つ一つ階段を登って行くしかないんですよね。

残念ながら近道はない。

 

そうは言っても、誰だってくじけそうな時はありますよね。

そんな時には、自分よりも圧倒的に何かにエネルギーを注いでいる人に

会いに行ったり、話をしたりすると良いですよ。

めっちゃ刺激になります!

 

そして、私の周りには寝食を忘れるほどやりたいことに夢中になれる人

(私は変態と呼んでいます笑)が沢山います。

彼、彼女たちはみんな鈍感力としつこさを持ち合わせていて、

苦労を笑いに変えてしまうほどのパワーがいつも溢れています。

一緒にいるだけで元気をもらえます。

 

何かをスタートさせることにも大変なエネルギーが必要ですが

はじめたことに愛情やエネルギーを注いで育てていくこともまた

とても味わい深いことだなあと改めて感じることができました。

 

悩みを抱えている人にこそオススメしたい!

圧倒的に何かに時間とエネルギーを注いでみませんか?

環境も見える世界も変わってきますよー。

step