勤務3日で辞めないようにする不安解消オリエンテーション

こんにちは。

「『人不足は当たり前』という業界の常識をぶっ潰す」という信念で店長研修を行っている松下雅憲です。

今回は「勤務3日で辞めないようにする不安解消オリエンテーション」がテーマです。

不安になる原因は?

先輩から教えられる作業手順。

でも、いくら優しく丁寧に教えられても、違う先輩から別の方法で教えられちゃうと、

「それ、別のの方法で教えられました!」

なんて、ビシッと言える人で無い限り、なかなか言い出せなくって・・・

それがストレスになり辞めてしまう・・・

なんてことについて前回はお話をいたしました。

 

さて今回は、そんな不安とギャップを再確認するための「3日目の不安解消オリエンテーション」の方法についてお話ししましょう。

 

以前も話しましたが、新人スタッフは、入店後、3日目、30日目、3ヶ月目に「続けられない・・・辞めたい」という壁にぶち当たります。

 

それぞれに「辞めたくなる理由」は、違うのですが、3日目については「不安で押しつぶされそうになる」のが原因であることが多いのです。

 

では、そもそも何が原因で「不安」になるのでしょうか?

 

ひとつは、前回お話ししたように「先輩によって教えられることが違うことによる混乱」です。

これは、初日に「そう言うことがあったら店長に相談すること」と言っておくことで、かなりの確率で早めに解決することが可能です。

 

きょうは、もうひとつお話ししましょう。

それは、「そもそも覚えることが多くてついて行けないと感じて自信を失ってしまう」と言うものです。

 

お店の仕事は、お客様として外から見ているのと、実際にスタッフとして行うのとは、180度違います。

当たり前のことですが、これが思ったよりもハードルが高いのです。

しかも、お店としては一日も早く戦略になって欲しいので、先輩スタッフも一生懸命にたくさんのことを教えます。

ただ、人によって仕事の覚えるスピードは、全然違います。

次々と覚えることが出来る人もいれば、じっくりしっかりゆっくりとでないと覚えられない人もいます。

 

教える側の先輩が、自分自身もなかなか覚えられなかった新人であった場合はその気持ちは理解出来るのですが、要領が良くスムーズに仕事を覚えられた新人の場合は、目の前の新人もそうであるような気になってしまうのです。

 

では、そのギャップによる新人の「ついて行けない症候群」を治療する方法をお教えしましょう!

 

分解して自覚させる

その方法とは、「出来ているところを自覚させること」です。

 

ポイントは「分解」。

一見難しそうな作業であっても「分解」すればひとつひとつは、「短く簡単な作業」になります。

複雑そうな作業であっても「分解」しちゃえば良いのです。

つまり、「簡単な作業」と思えるくらいまでに分解すれば良いということですね。

すると、その作業は「簡単」になります。当たり前です(笑)

 

もちろん、この方法は、全てを覚えるまでにたくさんのプロセスを経ることになりますから、身につけるまで時間がかかります。しかし、時間がかかるタイプの人は、一度きちんと身につければ「確実に出来る様になる」のです。

何度も同じことを教えたり、やり直しをさせたりする可能性が低くなるのです。

結果的には、中程度のレベルになるまでの時間は、要領の良い人と、さほど変わりは無いのです。

 

また、ついて行けなくって短期で辞めさせてしまい、新たな新人を一から教えるよりは、はるかに短時間で済みますよね。

 

作業手順をなかなか覚えられない新人には、ちょっと手間を掛けて、作業をバラバラに分解してひとつひとつを確実に身につけるようにしてあげましょう!

 

大切な新人を3日以内に辞めさせないように、ぜひとも試してみてくださいね。

 

次回は、「大切な新人を30日目に辞めさせないために気をつけたいこと」についてお話ししますね。

お楽しみに!


■松下雅憲の著書:「店長のための『スタッフが辞めないお店』の作り方」(同文舘出版)のAmazonサイトはこちら

https://www.amazon.co.jp/dp/449553971X/

 

■PEOPLE&PLACE代表・松下雅憲の「スタッフが辞めないお店の作り方研修」ホームページはこちら

http://tenchonavi.com/contents_154.html

 

■「スタッフが辞めないお店作り力診断スマホアプリ(無料)」のダウンロードサイトはこちら

http://tenchonavi.com/contents_142.html